ネットオークションで偽物が届いた場合の対処法を徹底解説!

ネットオークションで偽物が届いてしまった際の対処法を教える総合情報サイト

ネットオークションで偽物が届く場合は意外と多い

被害にあった場合は所在について把握する

ネットオークションで購入し、届いた出品物がもし偽物だったなどで被害にあってしまった場合には、まず大切なこととしてオークションサイトの出品者の所在についてきちんと把握するようにしましょう。相手についてきちんと把握するというのは初めに対処しなければならないことですので、しっかりと所在について確認をしておきましょう。

そして出品者の連絡が出来る場合にはなるべく早めにメールや電話などで偽物だった事について出品者に伝えるようにしましょう。連絡の際にはメールの場合はやり取りをしたメールを、電話の場合には通話記録、また入金に関しての控え用紙といったものは証拠としてしっかりと残しておき、対処の際に証拠としておけるようにしておきましょう。

場合によっては内容証明郵便を送る

届けられた出品物が偽物だった場合、その対処として電話やメールで連絡が取れればよいのですが、どれだけ催促のメールや電話をかけても連絡が取れないといった場合も考えられます。そういった場合には次の対処法として出品者に内容証明郵便を送付するようにしましょう。内容証明郵便とは、いつ誰宛にどのような内容の手紙を送ったのか郵便局が証明してくれる手紙のことです。

この内容証明郵便は法的な効力といった物はないのですが、これによる出品者へのプレッシャーはかなりのもので、これによってもしかすれば次は法的な措置に出てくるのではないかと相手に思わせることが出来ます。
このような事から内容証明郵便を送ったら今までメールや電話の反応がなかったのにいきなり対応をしてくれたといった事例も多くありますので、選択の一つとして覚えておくと良いかと思います。